手塚板金 施工実績 施工実績 サイディング施工実績 雨漏り対策 リフォーム ガルバリュウム 手塚板金問い合わせフォーム 手塚板金 概要
ガルバリウム鋼鈑

ガルバリウム鋼板とは

ガルバリウム鋼板は、素材の鉄の上にアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%の合金をめっきしています。

今までの鋼板(鉄板)よりは耐食性に優れているという事で広い分野で使用されており、鋼板(いわゆる、カラートタンと言われているトタン板等の鋼板)から見れば、耐久力は格段にアップしています。

Galvalume ガルバリュウム

トタンやガルバリウム鋼板は鉄そのものに比べなぜさびにくいか?

トタン(亜鉛めっき鋼板)

めっき層に含まれる亜鉛?(Zn) が鉄?(Fe) よりもイオン化傾向(溶けやすい)が大きい。

その為 水中などの腐食しやすい(さびやすい)環境下において鉄よりも先に亜鉛が溶け出すことで、原板である鉄の腐食を防止している(犠牲防食)。


ガルバリウム鋼板

めっき金属として純亜鉛ではなく、アルミニウム(Al) 55%+亜鉛43.4%+シリコン(Si) 1.6%の合金を用いている。

Alはめっき層表面に強固な不動態皮膜(アルマイト)を形成して、めっき層を保護する。

Zn含有量が低下することで犠牲防食性能は劣化するものの、Alの不動態皮膜(アルマイト)とZn腐食部の腐食生成物がめっき層の腐食進行を抑制するため、全体として高い防食性を発揮する。

合金比率は、Znの犠牲防食性能とAlの不動態保護性能のバランスで決められた。

開発メーカーであるベツレヘムスチール社の実験によると、めっき皮膜寿命は、塩害地域で約15年・工業都市や田園地帯で約25年以上との結果が出ている(メーカー保証とは異なる)。

詳しくは wiki

ガルバリウム鋼板を使用する際の注意

ガルバリウム鋼といえども 素材に対する知識、十分なノウハウが無い業者が施行すると数年でさびることもあります。

「ガルバリウム鋼板を使用するから」というだけでなく 施工業者の技術力、信用をお確かめ下さい。

鋼板切断
手塚板金 053-522-1332  info@tezukabankin.com 〒431-1305 静岡県浜松市北区細江町気賀9733-1
手塚板金TOPページへ手塚板金トップページへ戻る